1 朝一から閉店までφ ★ :2022/03/08(火) 19:03:18.09
日向坂46“No.1愛されガール”河田陽菜、初水着&ランジェリーカット撮影での後悔も可愛らしい メンバーの言葉が自信に<1st写真集「思い出の順番」インタビュー>
2022.03.08 14:00

日向坂46“No.1愛されガール”河田陽菜(かわた・ひな/20)の1st写真集「思い出の順番」(3月1日発売/講談社)。可愛らしいイメージの彼女が、初めての水着・ランジェリー撮影に挑戦するなど、20歳の大人な一面も披露している。
美しいスタイルが“憧れ”として女性からも大きな支持を得ているが、反響への本人の思いは?撮影エピソードから、夢を叶える秘訣までたっぷりと聞いた。






河田陽菜、地元凱旋「いろんな人に自慢したくなりました」

「彼女と暮らした365日」をテーマに、河田の出身地である山口県・下関をはじめ、奄美、鎌倉、東京などでロケを敢行。

「すごく新鮮な気持ちで、山口県に行きました。魚市場・唐戸市場やその周辺に行けたことがすごく嬉しかったし、スタッフさんも角島大橋からの景色を見て『綺麗』と言ってくださったので、いろんな人に自慢したくなりました!
角島大橋にはこれまでも行ったことはあったのですが、いつも曇っていて…。写真集の撮影で初めて晴れた日に行けたので、すごく思い出深いです。

学生時代に実際に通っていたお店にも行って、『ここでよくおしゃべりしていたなぁ』と思っていました。下関で“ご当地プリクラ”も初めて撮ったのですが、瓦そばとかふぐとか背景がすごく可愛いので、皆さんにも同じフィルターで撮って欲しいです!」。

国内各所で1年をかけて撮影した本作は、19歳から20歳へ移ろう季節の中で見せる繊細な表情の変化を、プライベートな目線で捉えたセミドキュメンタリー写真集。長期間の撮影ならではの苦労もあったようで…。

「1年間の中で、ある期間撮影して、1ヶ月空いてもう1回撮るということを繰り返していたのですが、私は結構人見知りをしちゃうので、
1ヶ月空いてしまうとスタッフさんにも最初のほうは人見知りをしてしまっていました…(笑)。でも、奄美に行く時も、山口に行く時も、旅行に行く気分で楽しんで撮影できたと思います!

撮影中は本当にリラックスして、あまりカメラなど意識せずに、食べる時は食べ物に集中して食べたり、思いっきりゴロゴロしたり、景色を楽しんだり、何もかも自分の中で楽しもうと思って挑んでいました」。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://mdpr.jp/interview/detail/3039989